HOME

新着情報

マリッジリングを交換する意味とは

マリッジリングとは結婚式の時に新郎新婦が交換するペアの指輪のことです。その由来は古代ローマ時代に信頼の象徴としてつなぎ目のない鉄の輪を贈ったことだと言われています。最初は鉄の指輪が使われていましたが、次第に金が使われる様になりヨーロッパでは金のマリッジリングが今現在でも主流です。日本でもゴールドのマリッジリングも人気が出ていますが、プラチナの方が人気があります。11世紀くらいから教会で結婚指輪に祝福を与える様になってから広まっていきました。結婚指輪をはめる指にも幾つかの説があり、左手の薬指が直接心臓の血管につながっているからという説や、教会で結婚指輪に祝福を与える様になってから左手の薬指になったという説もあります。またヨーロッパでは左手には信頼と服従、薬指には愛情とそれぞれ示す意味があります。マリッジリングには貞節、誠実の意味があるのでこの要素を複合して左手薬指になったという説もあります。何れにせよお互いが永遠の愛と誠実を誓い合う時に交換されるということが重要な意味を持っているのです。またマリッジリングは婚約指輪とは異なり普段から指にはめておくのが一般的で、普段の生活で使えるようにシンプルなデザインが好まれます。